当院について

医院案内

東浜クリニック
東浜循環器科・内科クリニック
〒870-0932 大分市東浜1丁目9番18号
TEL:097-558-5454 FAX:097-558-5458
診療科目 内科 / 循環器内科 / 消化器科
健康診断 各種健康診断を行っております。お電話にてお申し込みください。
詳しく見る

診療時間

受付時間 日祝
午前 8:30-12:00 午前
8:30-12:00
×
午後 15:00-18:00 午後
15:00-18:00
× × ×

休診日:水曜午後・土曜午後・日・祝
※診療時間中に在宅診療を行うこともあります。

アクセス

当院の特徴

  • 在宅訪問診療に力を入れています。
    高齢者の患者様にとって、定期通院方法・外来の待ち時間・休日や深夜の病状の急変・救急車を呼ぶかどうかが何よりも心配となるところでしょう。夜の大病院当直医師はまず自宅には来てくれないし、普段のかかりつけの医師を持たない場合、救急車まかせで運ばれていく先の深夜の病院で大丈夫でしょうか?そこで常日頃から自分の病気のことを十分に把握している、かかりつけのお医者さんの威力が発揮されるのです。当クリニックでは在宅訪問診療を実施しています。在宅訪問診療の患者様に対しては毎月訪問診療治療計画書を更新作成しています。
  • 大型病院と24時間連携を取っているので 緊急時も安心です。
    当クリニックは市内の入院可能な医療機関(大分中村病院、大分岡病院、医師会病院)と24時間病診連携・紹介検査・入院・加療の便宜を実施しております。
    緊急の場合は、電話による受け入れ先病院の手配と紹介状、現在までの検査・処置・画像・内服薬、ならびに在宅診療中であれば訪問診療計画書が入院先主治医へ、即座に送付可能となっています。
  • 適正なお薬の診断致します
    今飲んでいるお薬、本当に必要ですか?
    近年過剰な医療や過剰なお薬の処方をするケースが残念ながら増えてきています。ことに日本人は不安傾向が強く、大量に薬を処方されていても不審に思わず、摂取してしまいがちです。国民の医療費が年々増加していることからもその傾向がうかがえます。当院では患者様の処方履歴より、過剰な接種をしていないかの診断をいたします。ぜひご相談ください。
  • セカンドオピニオンに応じます
    セカンドオピニオンとは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況や次の段階の治療選択などについて、別の医師に、違う角度から意見を求めることです。(セカンドオピニオン=転院ではありません)
    主治医にお任せの医療ではなく、自身で納得できる治療法を選択していく時代です。今の治療法で本当にいいのか? という方がいらっしゃれば、当院でセカンドオピニオンに応じますので是非ご相談ください。

院内・設備の紹介

  • 待合室
    待合室
       
  • 受付
    受付
       
  • 経鼻的検査
    経鼻的検査
    鼻から楽に内視鏡検査が可能です
  • 眼底カメラ
    眼底カメラ
    散瞳剤(点眼薬)を使用せずに短時間で検査。糖尿病、高血圧診断に有効です。車の運転もすぐに出来ます。
  • 心臓カラードップラーエコー検査装置
    心臓カラードップラーエコー検査装置
    心電図では補いきれない心臓の血流や動き、仮面高血圧診断にも有効です。
  • 院内処方
    院内処方
    お薬が処方された場合、調剤薬局に行きまたお支払いする二度手間がありません。車利用者や高齢者の方、雨の日にも便利です。
  • 院内で即検査可能な医療機器
    院内で即検査可能な医療機器
    貧血や感染状況(白血球数など)や糖尿病のコントロール状態などが院内ですぐに判明します。(GHbA1c)

在宅医療

在宅療養支援診療所とは

高齢者ができる限り住み慣れた家庭や地域で療養しながら生活を行えるよう、また身近な人に囲まれて在宅での最後を迎えることも選択できるよう、平成18年4月から新たに「在宅療養支援診療所」の制度が設けられました。東浜循環器科・内科クリニックは、地域の保険医療機関・訪問介護ステーション・介護支援専門員と連携し24時間態勢での往診・訪問看護を提供致します。
在宅で必要な医療とケアを必要なときに受けられることを知らず、やむなく不必要な24時間拘束された入院、やや拘束される施設入所を余儀なくされる人が大勢います。
当院は患者様の要求に応じ、24時間態勢で自宅や有料老人ホーム、グループホームなどへの往診や訪問介護をしますが、必要とあれば検査入院できる病院も紹介する診療所です。何でも相談できる、かかりつけ医を持ちましょう!

medical network

在宅療養支援診療所の条件

1)保険医療機関たる診療所であること
2)当該診療所において、24時間連絡を受ける医師又は看護職員を配置し、その連絡先を文書で患家に提供していること
3)当該診療所において、又は他の保険医療機関の保険医との連携により、当該診療所を中心として、患家の求めに応じて、24時間往診が可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
4)当該診療所において、又は他の保険医療機関、訪問看護ステーション等の看護職員との連携により、患家の求めに応じて、当該診療所の医師の指示に基づき、24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保し、訪問看護の担当看護職員の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
5)当該診療所において、又は他の保険医療機関との連携により他の保険医療機関内において、在宅療養患者の緊急入院を受け入れる体制を確保していること
6)医療サービスと介護サービスとの連携を担当する介護支援専門員(ケアマネジャー)等と連携していること

院長紹介

院長 井福正保

家庭医として地域の皆様を支えたい。

医学部を卒業以来循環器専門医の道を歩む事10年、その後は専門医を標榜することなく17年の長きに渡り、専門分野に関わりつつ、循環器疾患以外の千客万来市井の中核病院で外来患者はもとより、入退院患者を含めた、幾多の救急や末期、透析、検死、小児、難病、ありとあらゆる軽、重疾病をひたすら数多く経験、治療する事ができました。
2005年より、ここ大分市東浜の地で開業しております。27年余に及ぶ臨牀実践経験より、小児から成人病・老人疾患まで、小外科を含む診療所レベルに対応した身近で、幅広い診断と治療ができます。
家庭医(home doctor)として良質な医療を提供しながら地域の方々にお役に立てることを願っております。 

経歴

1978年
久留米大学附属病院第三内科(循環器内科)入局
1985年
国立別府病院循環器科勤務
1985年
久留米大学 医学博士号 学位修得
1989年
大分中央外科病院・副院長
1990年
スポーツドクター・(1991)循環器専門医
1993年
日出児玉病院・副院長
・・・56歳で勤務医早期定年自主退職
2005年
東浜にてクリニック(診療所)開業

プロフィール

1948年生まれ A型
趣味・特技 下手なテニスと早寝・早起き・ゴミ拾い。
21時は深夜で3時には起きている。
VTRで世界旅行中。

Copyright(c) 東浜循環器科・内科クリニック All Rights Reserved.